XMには追証がないって本当?ゼロカットの仕組みとメリットを徹底解説!

FXに挑戦したいと考えている方の中には、

損をしたらどうしよう

入金額以上の損失が出たらどうなるの?

というような疑問や不安を抱えている方もたくさんいるでしょう。

国内業者を利用している場合、入金額以上の損失を出すと、「追証」という形で業者に返済をしなければなりません。

しかし、海外FX業者のXMでは、ゼロカットというシステムがあるため、入金額以上の損失を回避することができます。

とはいえ、ゼロカットの仕組みがいまいちよく分かっていない方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、XMが用意しているゼロカットの仕組みとメリットについて、詳しく解説していきます。

FXの追証ってそもそも何?

XM始め方

国内業者を使ってFXを行い、入金額以上の損失を受けた場合、ひとまず業者がその損失分を負担してくれます。

ただ、無条件で負担してくれるわけではなく、損失を出した投資家が追加で証拠金を入金し、返済しなければなりません。

これが、追証の仕組みです。

1万円や2万円前後の追証であれば、何とか工面できると思いますし、勉強代として割り切れるかもしれません。

ただ、FXは様々な要因で相場が高騰したり、暴落したりすることがありますので、場合によっては数十万円以上の追証を迫られることもあるのです。

追証が発生するとどんなデメリットがある?

では次に、追証が発生するとどのようなデメリットがあるのか、ということについて、詳しく解説していきます。

資金を大幅に失う

追証が発生すると、資金を大幅に失うことになります。

入金額が0になり、更に負債を背負うことになりますので、場合によっては再起不能な状態になってしまうこともあるのです。

こう聞くと、

追証は絶対に支払わなければならないの?

という疑問を抱える方も出てくると思いますが、追証というのは、投資家の義務であり、支払いを拒み続けると、最悪の場合給料を含めた財産の差し押さえをされることがあります。

正常なメンタルで取引できなくなる

追証が発生してしまうと、正常なメンタルで取引ができなくなります。

一度追証を経験してしまうと、二度と追証受けたくないという気持ちから、消極的になってしまうのです。

慎重に取引するのはもちろん大切ですが、FXで利益を出すためには、想いきり貼らなければならないケースも出てきます。

追証によってネガティブなメンタルになってしまうと、チャンスをものにすることができなくなってしまいますので注意が必要です。

XMには追証がないって本当?

XM始め方

日本人から絶大な人気を集めている海外FX業者のXMには、追証というシステムがありません。

また、XM以外でも、追証がないところはたくさんありますので、どうしても追証を受けたくないという方は、海外FX業者の利用を検討してみると良いでしょう。

なぜ、XMを含む海外業者で追証がないかというと、ゼロカットシステムを採用しているからです。

ゼロカットについての具体的な説明は、以下で詳しく行っていきます。

XMが採用しているゼロカットって一体何?

XM始め方

ゼロカットというのは、入金額以上の損失が出た場合、それを業者が負担してくれるという制度のことです。

国内業者の場合は、入金額以上の損失を一旦業者が立て替えて、後日投資家が追証という形で支払うのですが、海外業者の場合は、立て替えでは「負担」してくれます。

そのため、どれだけ大きな損失を被ったとしても、資金が0以下になることがないのです。

XMのゼロカットを活用して取引を行うメリットは?

XM始め方

では次に、XMのゼロカットを活用して取引を行うメリットについて、詳しく見ていきましょう。

どれだけ損してもマイナスになることがない

先ほども解説したように、XMを使えば、入金額以上の損失が出た場合にゼロカットが発動しますので、マイナスになることがありません。

もちろん、資金が0になることはありますが、借金を抱えることはありませんので、初心者でもリスクを抑えた取引が行えるようになるのです。

冷静に取引ができる

追証がないというだけでも、メンタルを正常に保ちやすくなります。

記事の前半部分でも説明しましたが、FXで利益を上げるためには、冷静なメンタルを維持して、チャンスが来た時に大きく張れる状態を作っておかなければなりません。

ゼロカットがあるという安心感があるおかげで、初心者でもチャンスの波に乗りやすくなるのです。

XMでゼロカットが適用されるタイミングはいつ?

XM始め方

XMでゼロカットが適用されるタイミングは、ポジションをいくつ持っているかで異なります。

1つのポジションのみを持っている場合は、口座残高がマイナスになった瞬間にゼロカットが発動します。

残高に反映されるまでには、2日ほど時間がかかるケースもありますが、必ず口座残高が0に戻りますので、初心者でも安心です。

ポジションを複数持っている場合は、ゼロカット発動のタイミングが少し複雑になります。

例えば、

  • ポジションA→10万円の含み益
  • ポジションB→5万円の損失

というケースで、口座残高がマイナスになっていたとしても、含み益がある状態ですので、ゼロカットは行われません。

ゼロカットというのは、持っているポジションを含めて、口座残高が完全にマイナスになった時に発動されますので、覚えておきましょう。

XMでゼロカットが適用されないケースとは?

XM始め方

XMに入金した金額以上の損失が出た場合は、ゼロカットの適用対象になりますが、以下に当てはまる場合はゼロカットが行われませんので、注意が必要です。

禁止行為を行った場合

まずは禁止行為を行った場合です。

XMでは、

  • 口座をまたいだ両建て
  • 業者を使った両建て
  • 遅延を狙った取引

などを禁止していて、これらに該当する取引を行ってしまった場合は、残高が0以下になってもゼロカットが行われません。

他にポジションを持っている場合

XMのゼロカットは、他にポジションを持っていないということが前提となります。

口座残高がマイナスになっても、他にポジションを持っている場合はいつまで経ってもゼロカットが行われませんので、注意が必要です。

XMのゼロカットを活用したおすすめの取引手法

XM始め方

最後に、XMのゼロカットを活用したおすすめの取引手法について、詳しく解説していきます。

トレンド発生時の一点張り

まずは、トレンドが発生時の一点張りです。

追証が発生する国内業者では、中々トレンドの一点張りが行えません。

しかし、XMの場合はどれだけハイレバ取引を行ったとしても、借金を抱えることはありませんから、経済指標発表時など、大きく価格動きそうなタイミングで一点張りをかけることができるのです。

少額資金からコツコツ利益を積み重ねる

続いては、少額資金からコツコツ利益を積み重ねるという方法です。

XMは、ロスカットレベルが比較的低く、尚且つ最大レバレッジが高いため、少額資金でも利益を積み上げることができます。

たくさんの資金を用意できない

いくらゼロカットがあるとはいえ、ギャンブルトレードはできない

という方は、少額資金をフルレバレッジで運用し、コツコツ利益を積み上げてみてください。

まとめ

FXの始め方

XMにはゼロカットというシステムがあり、口座残高がマイナスになる心配がありません。

そのため、国内業者では怖くてできないような手法に挑戦することも可能です。

FX初心者の中には、

海外業者は上級者向けだ

と思っている方もいますが、追証やレバレッジなどの観点からみると、国内業者の方が上級者向けと言えます。

少しでもリスクを抑えて、大きく挑戦していきたいと考えている方は、是非XMで口座開設をしてみてください。

↓XM口座開設はこちらから↓