今さら聞けない「メタバースとは? 」わかりやすく簡単に解説!仮想通貨やNFTも紹介

困った人

メタバースとは?一体なんでしょうか、最近では、テレビでもちょくちょく耳にしますし、書店にいってもメタバースの本を見ます。
昔流行ったセカンドライフとどう違うんですか?

この記事でわかる事

  • メタバースとは
  • VR、AR、MRについて
  • メタバースのワンマイルな未来について
MARU7

この記事を書いているのは、仮想通貨購入歴5年でメタバース・NFT・WEBサービスで生業としていてブログやTwitterで情報を発信してる( @maru7_nft )と申します。

今回は、メタバースについて、わかりやすく、なるべく簡単に解説します。また仮想通貨やNFTについても触れていきますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。



はじめに、メタバースが注目されている理由について解説していきます。

簡潔に書くと、「SNSの次はメタバースだ!」と大手企業や国家単位で考えられているからです。

海外企業では

メタバース やり方

フェイスブック(META)、マイクロソフト、ウォルトディズニー、アディダス、ナイキ、Tencent、などなど

また日本では、KDDI、東急などが手をあげていますし、ソフトバンクの「Vision Fund 2」を中心とした投資家から約105億円をメタバースプラットフォーム「サンドボックス」は調達しています。

また、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのハムダン皇太子はこのようなツイートをしました。

「ブロックチェーンとメタバースに関する企業数を5年間で5倍に増大させること」そして
メタバースに関わる雇用を4万件創出し、40億ドルの経済効果を生むとしています

遠くの国のお話でしょ…なんて思っていたら、、完全に出遅れてしまいますよ。。
遠くの国のお話ですが、メタバースはスマホやパソコンなどのデバイスで今すぐにアクセスできる「目の前で起こっている事」なんです。

ぜひ、心に留めて、未来を創造しましょう!


メタバースを楽しみたい方は先に仮想通貨の口座開設を済ませておきましょう

メタバース内でアイテムや土地の購入するにはコインチェックでの口座開設がオススメです。
国内取引所コインチェックなら初心者の方でも簡単に仮想通貨の取引が可能です。
開設には少し時間がかかるので先に済ませましょう。少額で始めるのがポイントです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。

【無料簡単】コインチェックで口座を開設する方法 【初心者向け】1


↓【稼ぎたい方必見】「仮想通貨 ブログ」を始めて当ブログは4ヶ月で55万稼ぎました。
稼ぐ方法を全て出します【初心者向け】


それでは本題に行ってみましょう!!

メタバースとは


メタバースについて色々な捉え方がありますが、一般的とされているメタバースとは何か?について深掘りしていきます。

メタバースとは世界観である

まずはじめに、「メタバースとは世界観である」という事をお伝えしておきます。

ゲームで言えば、ファイナルファンタジーやフォートナイト

映画で言えば、ジュラシックパークやターミネーター

アニメで言えば、エヴァンゲリオンやドラえもん

もっともっと色々な例えがありますが、ファイナルファンタジーといえばあの雰囲気「世界観」だよね!

というように、その世界の雰囲気が伝わってきます。

今まで、映画などでみるという一方通行から、入る、参加するに変わったエンターテイメントが「メタバース」です。

メタバース 言葉の意味

メタバースとはインターネット上に作られた空間の事です。

3D空間(仮想空間)の事を主に指しますが、2D空間もメタバースの一種だと思います。

1992年にアメリカの作家ニール スティーブンソンがSF小説「スノウ クラッシュ」が発刊され、その中で「メタバース」という言葉が登場します。

「メタ」(meta = 概念を超える、超越した) と
「ユニバース」(universe = 世界・宇宙) を組み合わせた造語です。

「スノウ クラッシュ」のビジョンは 後にVRゴーグルをつけ別の世界へ行く

映画『マトリックス』『レディープレイヤー1』などへ影響を与えます。

また、「アバター」という概念も「スノウ クラッシュ」で作られた概念です。

Facebook社が2021年に社名を「meta」ことは記憶に新しいと思います。世界的大企業が社名を変更しSNSからメタバースへの転換を進めているというわけです。

created by Rinker
¥594 (2022/08/19 01:05:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥594 (2022/08/18 20:28:55時点 Amazon調べ-詳細)


セカンドライフとの違い

メタバースは新しいものと思われがちですが、先ほどの小説もそうですが、
2003年にリリースされ日本では2006年にブームになったリンデンラボという会社がリリースした「セカンドライフ ( Second Life)」が登場します。

セカンドライフが上手くいかなかった原因の一つに、世界中のインターネット回線の速度が遅かったという事や各家庭のパソコンの性能が今ほどよくなかったという事が挙げられます。

私も当時ワクワクしながら、セカンドライフをダウンロードして入場した事がありますが、サクサク動かない3D空間に耐えきれなくなり10分ほどで諦め、残念な気持ちになった事を覚えています。

2022年現在セカンドライフはWindows、Mac、にてプレイが可能です。
詳しくは、セカンドライフ公式サイトをご覧ください https://secondlife.com/

メタバースの今まで

2000年代 オンラインゲームの世界では次々タイトルがリリースされました。

  • 『リネージュ』
  • 『ラグナロクオンライン』
  • 『ファイナルファンタジー』


など2Dゲームでは『レッドストーン』などに多くのユーザーが集まっていました。


ゲーム内でモンスターを倒したりクエストをこなして通貨を稼ぎ、強いアイテムを購入したり、ゲーム内でトレードしたりする文化がありました。

ゲームの外では「リアルマネートレード」をする業者が増え運営会社は取り締まりを強化していました。

「リアルマネートレード」とは、ゲーム内のアイテムやゲーム内通貨をリアルなお金で交換してくれるサービスです。


ゲーム以外では2009年にサイバーエージェントが運営する『アメーバピグ』がリリース

『アメーバピグ』は仮想空間アバターコミュニティーとして運営されていていました。渋谷や代々木公園など実際にある街の雰囲気を落とし込み、遊びに行けました。

全く知らない人同士がコミュニケーションを取ることができ、イベントで盛り上がったりしていました。

Adobe社のFlashという技術を使って運営されていましたが、Adobe社のFlash廃止 HTML5への移行に伴い、『アメーバピグ』も終了したそうです。

2010年代に入り4Gの普及、スマートフォンの普及であらゆるネットサービスが高速化しYouTubeもそうですがSNSなども爆発的に伸びてきました。またインターネット通販も一般化しました。

同時接続型のオンラインゲームはスマホアプリに変わり電車の中でも遊べるようになりました。


2017年にはエピックゲームズから『フォートナイト』が登場。世界的に大ヒット

エピックゲームズのCEOは『フォートナイト』の仮想空間を「メタバース」と呼んだそうです。

この頃から「MMORPG」略 → Massively Multiplayer Online Role-Playing Game(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロールプレイングゲーム) と呼ばれるようになります。

数百人、数千人規模で一つの空間で同時にゲームをする事ができるようになってきました。


2020年には『あつまれ どうぶつの森』 任天堂Switchからリリース。
こちらもメタバース的サービスが人気になりました。

ようやく5Gや高速なパソコンやスマートフォンを誰でも持てるようになった事、

ブロックチェーン技術(ブロックチェーンは昔からある)の発明などもあり、

2021年 コロナ禍だったこともあり、「メタバース」がバズワードとして取り扱われるようになりました。


「ザ・サンドボックス」などなどのブロックチェーンを使ったメタバースプラットフォームがリリースされ、今後主流になっていくと思われます。

メタバース おすすめ プラットフォーム をご紹介します。↓やってみたい方はぜひチャレンジしてみてください。

メタバースやり方


VRやAR、MRについて


メタバースと言えば、「変なスキーのゴーグルみたいな物をつけるんでしょ?」と思われがちですが、

実際上記のメタバースの今まででも取り扱ったように、2Dぽいゲームも、フォートナイトのようなゲームもコントローラーやマウス、キーボード、スマホであれば指先、を使ってプレイします。

それとうなじようにVRコーグルはコントロラーなんです。VRゴーグルが必須なサービスもあれば、そうで無いものも存在します。

そのことも踏まえて、VRやAR、MRについてお話しいたします。

VRとは

VRとはバーチャルリアリティ(Virtual Reality)の略です。
バーチャルリアリティ = 仮想現実の事を指します。

「現実の世界とは別に作られた空間」で3つの要素で構成されています。

  • 「三次元の空間性」
  • 「実時間の相互作用」
  • 「自己投射性」

と言われていますがなんのことか、さっぱりわかりませんよね。

「三次元の空間性」とは

コンピューターでプログラミングされた立体的な視覚空間聴覚空間で自身の周りに世界が広がる状態。あたかもそこに自分が居るような体験ができます。

「実時間の相互作用」とは

自分のアクションでその空間に何か作用する状態です。インタラクションとも言いますが、自分の動きに反応しその世界が動きリアルタイムで変化する事です。ちょっと難しいですね。。。

「自己投射性」とは

3つの要素のなかで一番重要かもしれないのがこちらです。そこに居る感覚は目、耳、風などで感じる肌感覚になると思いますが、主に視覚と聴覚で感じることと実際見えているものがリアルタイムに同期している状態です。

これら3つの要素をバーチャルリアリティ(VR)と呼び、仮想現実と表現されたりします。

VRのヘッドマウントを付けることで、そのような仮想現実を味わう事が可能になります。


メタバースにおいてVR体験を一つの形としています。

ARとは

ARとはオーグメンティドリアリティ(Augmented Reality)の略です。オーグメンティ??完全にわからないですよね。。「量や数や強度」という意味です。

オーグメンティドリアリティ = 拡張現実のの事を指します。

「拡張現実」とはスマホなどのカメラで現実世界を写すとそこに他の何かを追加して表示させる事ができます。

2016年にリリースされた「ポケモンGO」は道端にポケモンが表示されますが、
まさにそれが「拡張現実」です。

今後ARの技術はもっと進化し、スマホ以外にも、メガネやコンタクトレンズやガラスなど、現実世界のフィルターになる物を通して見たときに情報を投影されると考えられます。

電車の窓ガラスには外の景色と広告が流れるように表示されたり、車のフロントガラス一面がカーナビのような情報を投影してくれたりするかもしれませんね。

MRとは

MRとはミクストリアリティ(Mixed Reality)の略です。日本語では「複合現実」と訳されていて現実世界と仮想現実を組み合わせる技術です。

VRやARなど装置を通した世界ではなく、現実の物体や空間に本物みたいに投影していく技術です。まさに近未来な映画に出てくるようなSFチックな感じです。

現段階ではMicrosoftが開発した「ホロ・レンズ」がもっとも最先端と呼ばれています。ホロ・レンズはヘッドマウントディスプレイのような専用機器です。


しかもホロ・レンズ販売中だそうです!

VRの装置と何が違うの?となりますが、ホロ・レンズはレンズが半透明になっていてこれを通じて仮想世界の情報や映像を操作する事ができるそうです。

むちゃくちゃ楽しみですよね!

次のGoogleはメタバースの中から生まれる!

なんてことも言われています。
それほど国内外の企業がメタバースの分野に力を入れています。

メタバースと仮想通貨について

メタバースと仮想通貨はセットで語られがちですが、実際はセットではありません。

仮想通貨はブロックチェーンを使った通貨(トークン)のことです。

昨今、メタバース内で仮想通貨を使いゲーム内アイテムや土地と言った「NFT」が流通しています。

今までのゲームであればゲーム内の課金でアイテムなどを買っていましたが、ゲーム内の通貨を仮想通貨取引所で誰でも買う事ができるようになった為、価格の変動が起きゲーム自体の価値がゲーム内通貨(トークン)により数値化されるようになりました。

一種の会社の株価みたいな物で「会社の時価総額はいくら?」みたいな文脈で、「メタバースの時価総額はいくら?」というようになりました。

メタバースの始め方 やり方 についてはこちらの記事をご覧ください。
↓メタバースを始める方に必見となります。

メタバースの始め方


メタバースとNFTについて

「NFT」とはNon-Fungible Token(ノンファンジブルトークン) 非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)といいます。

上記でも触れましたが、メタバース内で取引されるアイテムや土地は「NFT」として取引されます。

NFTについてもっと詳しく知りたい方は下記のNFTとはの記事をご覧ください

NFTやり方


メタバースの良いところは?

では次に、メタバースのメリットについて詳しく見ていきましょう。

オンラインでコミュニケーションが取れる

メタバースを活用することによって、複数人がオンライン上でコミュニケーションを取れるようになります。

雑談はもちろんのこと、web会議などビジネスシーンでも活用していくことができるのです。

VR技術を活用すれば、まるで相手が目の前にいるかのような感覚を味わいながらコミュニケーションが取れるため、今後はVRとメタバースを掛け合わせたビジネスが成長していくだろうと言われています。

感染症対策になる

近年はコロナウイルスがまん延していることもあり、人と人のコミュニケーションが希薄になりつつあります。

飲食店なども早く閉まってしまいますし、相手と話す時はマスクが必須になっています。

メタバースは仮想空間ですので、感染リスクが0です。

それでいて、相手とまるで対面しているかのようにコミュニケーションが取れますので、数年前の日常を新しい形で取り戻せるようになります。

新規ビジネスが生まれる

メタバース上では、ただ相手とコミュニケーションが取れるだけではなく、様々な商品やサービスを販売することもできます。

現在においては、まだメタバースが開発途中ということもあり、まだまだ世の中には浸透していませんが、メタバースが当たり前になれば、リアルの世界で行われている商業活動がメタバース内で行われるようになるでしょう。

先ほども解説したように、

  • VR×メタバース
  • ○○×メタバース

というように、今後様々な新規ビジネスが登場してくると予想されています。

非日常体験ができる

仮想空間でのコミュニケーションは、我々に新鮮さを与えてくれるでしょう。

これまで、相手とリアルなコミュニケーションを取るためには、

  • 直接会う
  • テレビ電話をする

というような方法しかありませんでしたが、メタバースを活用することによって、まるで相手が目の前にいるような感覚を味わえるようになります。

また、現実のような制約がないため、表現力さえあれば様々な演出が可能になるのです。

コストカットに繋がる

ビジネスシーンでメタバースを取り入れることによって、コストカットに繋げられます。

現代においては、実店舗を構えたり、事務所を構えたりするのが当たり前ですが、メタバースの技術が発展してくれば、仮想空間上にオフィスを構えたり、バーチャル店舗を構えたりすることもできますので、コストカットをしながら利益の向上を図れるようになるのです。

メタバース = オンラインと捉えると、もうすでに私たちは、リアルなお店にショッピングに出かけるよりも、オンラインで完結させている時間の方が圧倒的に長くなってませんか?そう考えると、リアル < メタバース というのも納得いくと思います。


メタバースのデメリットな部分

そんな将来性あふれるメタバースですが、いくつかデメリットも存在しています。

以下、現時点で問題視されているデメリットや、リスクについて詳しく解説していきます。

対面でのコミュニケーションが希薄になる可能性がある

メタバースはオンラインでリアルなコミュニケーションが取れる画期的なシステムですが、対面でのコミュニケーションが希薄になる可能性もあります。

いくらリアルなコミュニケーションが取れるとはいえ、直接相手と会って会話をするというのも人間として非常に重要なことです。

とはいえ、これについては適度な距離感を保つことで解消できると言えますし、このような心配をしていると、新しい技術に馴染めなくなってしまいます。

例えば、スマホが発売されたときも、

依存してしまうのでは?

便利さ故、人間らしさを失ってしまうのでは

と言われていましたが、なんだかんだ言っても上手に付き合ってこれていますよね。

メタバースによるメリットを得られるか、デメリットを被ってしまうかというのは、「本人の使い方次第」と言えるのです。

敷居が高い

メタバースを利用するためには、

  • VR機器
  • パソコン

が必要になります。

また、比較的ハイスペックの機材を用意する必要がありますので、敷居が高いと言えるのです。

ただ、スマホでログインできるようなメタバースも増えているのが現状です。

メタバースのワンマイルな未来

では次に、メタバースを活用して何ができるのかということについて詳しく解説していきます。

オンライン会議

メタバースを活用することによって、オンライン会議が簡単に行えるようになります。

現在においても、

  • スカイプ
  • ズーム

などを使って相手の顔を見ながら会話をすることができますが、メタバースが浸透すれば、よりリアルな感覚を味わいながら会議が行えるようになるのです。

ビジネス 仕事の仕方が変わる

メタバース やり方

会議やコミュニケーションはZoomからメタバースに変わり、会社に行かないでメタバースに出勤する時代がくるかもしれない。会議も息抜きもメタバースで事足りる時代がやってくる

メタバースではコミュニケーションだけではなく、商業活動も行えます。

現在においても、

  • アイテムなどの売買
  • 土地の売買
  • アートや音楽の売買

などが行われていて、現実の商品が売買されるケースもあるのです。

また、メタバース内にお店を作ることもできますが、まるで大型ショッピングモール内にいるかのように買い物を楽しめるようになります。

メタバース 土地に関しましの深掘り記事はこちらから


仮想空間上の探索

仮想空間上の探索も簡単に行えるようになります。

というのも、メタバースというのは仮想空間ですので、綺麗な景色を用意したり、ちょっとしたアトラクションを用意したりということも可能です。

また、メタバースは複数人で同じ仮想空間を楽しめる仕組みになっていますので、ちょっとした旅行気分で友人たちと仮想空間探索を行うこともできます。

イベントやライブ、講演会

メタバース やり方

メタバースを活用して、ライブを行うこともできます。

有名な歌手、米津玄師さんがフォートナイトの空間上でライブをした時は、一時ニュースにもなりましたよね。

現代においては、コロナウイルスの影響でライブを開催することも、見に行くことも難しくなっています。

メタバースの場合は、感染リスクを0にした状態でライブを行ったり、身に行ったりすることができますので、非常に便利な空間と言えるのです。

人が集まるイベントを自宅で体験できたり、音楽ライブや映画、ミュージカルなどの大衆芸術がメタバースならではの体験を再開発されます。


メタバース やり方

↑サンドボックス内のクラブです。

VRやAR技術を使った没入感

メタバース やり方

VRは仮想空間の入る為にゴーグルなどを用いてその世界を楽しむツールです。
没入感がすごく実際にそこにいるような体験ができます。

ARは実際の空間にバーチャルを投影する技術で拡張現実と呼ばれていて「ポケモンGO」のようなゲームに応用されています。

これらの技術を使ってより没入感やリアルな体験できるようになります。

仮想通貨により投資や資産の運用が始まる

メタバース やり方

実際にNFTアートや仮想通貨でも資産運用が始まっています。
メタバース内でのアイテムや土地の売買や貸出もそうですが、新しい商品の開発なども盛んになります。

メタバースの中だけの会社なども生まれてくると考えられます。

Eコマースや商品の購入

メタバース やり方

何かを注文する時に、メタバースの中にあるショッピングモールに買いに行き、実際の店員さんに接客してもらう世界がくる。

メタバースの中でリアルに近いショッピング体験ができます。
商品を購入するとメタバース内の自信のアバターも着替える事ができたりするようになります。

実際、メタバース内で働く人の求人が始まっています。


旅が変わる

メタバース やり方

友達と火星のような場所へ探検に行く、モンスターを倒しに行く、絶景を見に行く、などの体験型アトラクションが自宅から可能になる。

こんな世界はもうすぐそこまできています。

メタバース やり方


メタバースを学ぶ為のおすすめ映画

メタバースを映画で学びましょう。

created by Rinker
¥100 (2022/08/18 08:32:52時点 Amazon調べ-詳細)

2018年公開のスピルバーグ作品
自らの姿をアバターに変え、さまざまな理想を叶えることのできるVRの世界「オアシス」。その創設者の死後、オアシスの3つの謎を解いた者に莫大な財産とその仮想世界を譲るという遺言が発表される。そして全世界を巻き込む争奪戦に、17歳の少年が挑む。

created by Rinker
¥2,500 (2022/08/18 14:34:25時点 Amazon調べ-詳細)

2021年細田守作品
歌が好きな女子高生・すずは、幼い頃に母親を亡くして以来、人前では歌うことができなくなっていた。ある日、彼女は全世界から人が集まる仮想世界「U」に足を踏み入れる。やがて、Uの世界で「ベル」という歌姫として人気者になるすずだったが、突然現れた謎の存在「竜」が、彼女とUを撹乱していく。

メタバースを学ぶ為のおすすめ書籍

本で学びましょう

created by Rinker
¥1,336 (2022/08/18 15:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

著者佐藤 航陽さんのツイートで衛星のデータからバーチャルな東京を作るという動画を見て「え、本物じゃないの?」と思わず声が出たほどのリアルな映像。

こんなものを作れる方が考える「メタバース」はすごいに違いない!!そう思いながらページをめくっていきました。 

メタバースという新しい動きを捉える事、未来予想することはできるが、来る未来に備えたフットワークや自信の環境整備を行っておかないと、掴めるものも掴めない、失敗してしまう。

そんな教訓的なことも含めて、読む価値のある書籍です。


↓メタバースを学べるおすすめ書籍はこちら


メタバースのメリット/デメリット : まとめ

メタバースというのは、仮想空間のことを指します。

現代においてはまだまだ一般的ではなく、開発途中の段階です。

とはいえ、様々な企業が取り入れつつあり、今後我々の生活の一部になるとも言われています。

メタバースが一般的になれば、オンライン上でリアルなコミュニケーションも取れますし、商業活動を行うことも可能になります。

今すぐにというわけではありませんが、いずれメタバースが我々にとって当たり前になる時代が来るはずですので、早い段階で正しい知識を身に付けておきましょう。


メタバースを楽しみたい方は先に仮想通貨の口座開設を済ませておきましょう

メタバース内でアイテムや土地の購入するにはコインチェックでの口座開設がオススメです。
国内取引所コインチェックなら初心者の方でも簡単に仮想通貨の取引が可能です。
開設には少し時間がかかるので先に済ませましょう。少額で始めるのがポイントです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。

【無料簡単】コインチェックで口座を開設する方法 【初心者向け】1

仮想通貨の取引はリスクを伴うものです。余剰資金でご利用ください。


当サイトのリンク先には『アフィリエイト広告』があります。『PR』表記はしておりませんが、ご承知頂ければ幸いです、私の活動の糧とさせていただいてます。どうぞよろしくお願いいたします。