メタバース 始め方・やり方を徹底解説【初心者向け】遊び方簡単ステップ!

メタバースの始め方
困ってる人

最近話題のメタバースを始めてみたいと思っています。
やり方や始め方がまったく分からないです・・・
検索してもチンプンカンプン・・・。
初心者でもわかるようにメタバースのやり方・始め方を教えてください。

この記事の内容

  • そもそもメタバースってなに?
  • メタバース やり方 始め方
  • メタバース おすすめ プラットフォーム
  • メタバースを始めるにあたり注意点
MARU7

今回は、初心者さんでもわかりやすく、メタバースの始め方、やり方を徹底的に深掘りしていきます。
最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。


テレビでも取り上げられたり、書店でも見かけるようになった「メタバース」という単語。

なんとなく分かっているけど、本質的にはいまいちです、、、という方も多いと思います。

「メタバース」とは簡単にお伝えすると「次世代のSNS」です。
現在、数多くの大企業が「メタバース」のようなWeb3分野に力を入れています。

今回は、国内外問わず、メタバース」の始め方、やり方を誰にでもわかりやすく解説していきます。

メタバース」で遊ぶには仮想通貨が必要になったりします。
仮想通貨についても抵抗感を無くしてもらい知見を増やしていただければ体系的に理解できると思います!

「メタバース」ではアイテムや土地などを購入するため、最初から仮想通貨が必要になります。
口座開設後、少額を入金する事で使い方がわかってきますし、キャンペーン中ならさらにお得になります!

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。



※随時更新しています。ブックマークなどして頂ければ幸いです。

メタバースとは??

メタバースの始め方

メタバースというと「竜とそばかすの姫」のような場所を思い浮かべるかもしれませんが、現在はゲーム内の仮想空間でアバターを使い他者と交流をしたり、イベントを体験したり、建築物を作ったりすることができます。


「キングコング西野さんと学ぶメタバース」こちらの動画を見るとメタバースの大まかな概要がわかるので、ぜひ試聴してみてください。

また、メタバースとはいったいなんなのか?について、詳しくまとめた記事がありますので、もっと詳しく知りたい方は ↓メタバースとは何か?について深掘り記事を参考にしてください。

メタバースの始め方


メタバースのやり方について早く始めたい方は、上の記事はスルーしてOKです。

それでは、やっていきましょう!

メタバースのやり方 始め方

メタバースの始め方

ぶっちゃけ簡単に始められます。

  • ① : 暗号資産取引所で口座を開設する
  • ② : メタバースゲームを選ぶ
  • ③ : ゲーム通貨を購入する


① : 仮想通貨取引所で口座を開設する

メタバースの始め方

メタバースで遊ぶ為にまず仮想通貨・ビットコインが必要になりますので、口座を開設していきます。

ビットフライヤー(仮想通貨取引所)で口座を開設する

いくつか取引所はありますがbitFlyerがおススメです。

国内ビットコイン取引No1ですし、無料で口座を開設できます。
メタバースへの最初の第一歩となります。

口座開設が不安な方は↓下記を参考ください。
ビットフライヤー(bitFlyer) やり方を解説!口座開設手順


メタマスクでウォレットを作る

仮想通貨をコインチェックなどで取得したら次はメタマスク(お財布)を作りましょう。

コインチェックからメタマスクを通貨を移動させ、メタマスクから各プラットフォームへお支払いするという流れになります。

一つ注意点は、類似のサイトや詐欺サイトもありますので、しっかりとURLなどを確認しながら作業を進めましょう。

メタマスクの導入方法について、分かりやすく解説しています
【初心者向け】メタマスクの使い方 |インストール方法 わかりやすく解説します 【簡単】

メタマスク使い方



② : メタバースゲームを選ぶ

メタバースの始め方

メタバースを始めるには、まずプラットフォームを選びます。

下記に最近トレンドなメタバース おすすめ プラットフォームを掲載しております。

メタバースやり方



③ : ゲーム内で使用する通貨を購入する

メタバースゲームを始める際に、初回でアイテムを購入する場合があります。

アクシー・インフィラティ(Axie Infinity)の場合、アクシーを3体購入しなくてはなりません。

アイテムを購入する為に、ゲーム通貨を使うので購入します。

各メタバースゲームによって必要な仮想通貨が異なります

ザ・サンドボックス(The Sandbox) では 【 SAND 】 というゲーム通貨が必要です。
アクシー・インフィラティ(Axie Infinity) は 【 AXS 】というゲーム通貨が必要ですが、
【 ETH(イーサリアム)仮想通貨 】も対応しているので 【 AXS 】を買わなくても大丈夫です。
ディセントラランド(Decentraland)では 【 MANA 】 というゲーム通貨が必要です。


いきなり数万円から始めるのではなく、数千円程度から始めてみる事をおススメします。
急な相場の変化でお金が溶けてしまった・・・という事にならないようにしましょう。

ゲーム通貨を購入する手順

コインチェックにない他の仮想通貨を購入する場合の手順は以下となります。
少し面倒ですが、これを覚えておけば資産を分散して管理することもできます。

① : bitFlyerで口座開設し仮想通貨を購入

② : 「バイビット(Bybit)」で口座を開設

③ : bitFlyer → 「バイビット(Bybit)」へ通貨の送金

④ : 「バイビット(Bybit)」でゲーム通貨を購入

一通りの流れはこのような流れになります。


メタバース おすすめ プラットフォーム

メタバースの始め方

トレンドなメタバース世界が広がっています。

メタバースに必要な仮想通貨はbitFlyer購入可能です。
ゲームを始める前に口座開設をお奨めしています。


ザ・サンドボックス(The Sandbox)

通貨名SAND(サンド)
価格1SAND = 122.13円 (2022年10月時点)

ザ・サンドボックス(The Sandbox) では 【 SAND 】 というゲーム通貨が必要です。


↓コインチェックにサンドボックス上場詳細はこちら


メタバース内に渋谷109が再現されるそうです。


メタバース やり方

サンドボックスとコインチェックが共同で建設している「Oasis TOKYO」も大注目です。

また、エイベックスは「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」とパートナーシップ体制を構築し、本年度中を目途にテーマパーク「エイベックスランド(仮称)」を「The Sandbox」内にオープンするそうです。

エイベックはサンドボックスへ参入
エイベックス・テクノロジーズは2月28日、The Sandboxとパートナーシップ体制を構築し、アーティストとファンが仮想空間上で交流できるテーマパーク「エイベックスランド(仮称)」をオープンすると発表しました。

メタバース やり方

ベイシーのNFTとサンドボックス内で記念撮影をしてきました!

サンドボックスを始めてみたいという方は → サンドボックスの始め方や詳細は下記のリンクをクリックください こちらから詳細をご覧ください。


アクシー・インフィラティ(Axie Infinity)

通貨名AXS(アクシー)
価格1AXS = 1839.59円 (2022年10月時点)

アクシー・インフィラティ(Axie Infinity) は 【 AXS 】というゲーム通貨が必要ですが、
【 ETH(イーサリアム)仮想通貨】も対応しているので 【 AXS 】を買わなくても大丈夫です。

アクシー・インフィラティ- Axie Infinityとは、ベトナムで生まれた、遊びながらお金が稼げるPlay to Earn(P2E)サービスです。NFTゲームとも呼ばれたりします。

アクシーのデイリーアクティブプレーヤーは1月に237万ユーザーでピークに達した後、現在はすこし減少しているが、世界中で楽しまれているNFTゲームです。

アクシーはプレイヤーがNFTであるキャラクターのアクシーを使って、ゲームタスクを完了する事でスムース・ラブ・ポーション(SLP)などのゲーム内仮想通貨を獲得できるPlay to Earn(P2E)サービスです。


↓アクシー・インフィラティの詳しい詳細はこちら


ディセントラランド(Decentraland)

通貨名MANA(マナ)
価格1MANA = 101.28円 (2022年10月時点)

ディセントラランド(Decentraland)では 【 MANA 】 というゲーム通貨が必要です。

最も歴史が長いとされるメタバースプロジェクトです。

開発を行っているのはカリフォルニアを拠点とする非営利団体「Decentraland Foundation」です。世界中の投資家や企業から支援を受けて開発を進めています。

他のメタバースサービスは運営主体で仮想空間を作り上げていて、最終的には運営元が保有している状態にありますが、ディセントラランド – DecentralandDAO(分散型自立組織)によって運営されています。

また、他のメタバースプロジェクトとディセントラランド – Decentralandの違いは、遊び方(ゲーム性)がメインのプロジェクトではないというところです。

ディセントラランド(Decentraland)の詳しい詳細はこちら


Everdome (エバードーム)

Everdome
通貨名DOME(ドーム)
価格1DOME= 0.40円 (2022年010月時点)

Everdome (エバードーム)は2022/02現在まだ始まっていないメタバースなので価格はまだまだ安い状態ですが、これから価格は上昇するかもしれません・・・

Everdome (エバードーム)では【DOME】というゲーム通貨が必要です。
エバードームの仮想通貨を購入したい場合は、こちらの記事を参考に購入ください→ 仮想通貨 エバードーム(DOME)購入方法 【初心者向け】メタバース 特徴や今後について

Everdome (エバードーム)の詳しい詳細はこちらから


XANA(ザナ)

プロジェクト名XANA(ザナ)
通貨(トークン)XETA,ALIA
サービスリリース日2020年7月30日

XANA(ザナ) は「バーチャル」で「リアル」なビジネスができる次世代プラットフォームとして多国籍IT企業、NOBORDER.z(ノーボーダーズ)CEOであるRIO TAKESHI KUBOさん率いるNOBORDER.zが開発している、メタバースプラットフォームです。

2020年7月30日にXANA(ザナ) はリリースされました。

当時はまで「メタバース」という言葉はなく「バーチャルSNS」としてプレスリリースされていました。

XANA(ザナ) の魅力はカッコいいアバターが魅力です。

↓XANA(ザナ) の詳しい詳細はこちらから



元素騎士オンライン

出典 https://genso.game/ja/
ガバナンストークンMV
ゲーム内トークンROND

元素騎士オンラインは日本発のオンラインゲーム「エレメンタルナイツONLINE」がブロックチェーンを使い新たに誕生する、メタバースゲームです。

2022年8月31日に正式リリースされる予定で、現在クローズドオープン中となっています。

出資している企業も錚々たるメンバーですし、かなり期待値が高いメタバースゲームだと思います。

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。



MetaLife(メタライフ)

株式会社 学研ホールディングスのグループ会社、株式会社ベンドが運営するオンラインコミュニケーションツール「MetaLife(メタライフ)」は2Dのメタバース空間で自由に動き回りながら、参加者とコミュニケーションを取る事ができるサービスです。

ドラゴンクエストのようなドットでできた空間は懐かしくもあり人気の秘密でもあります。

代表の近藤さんは現役の東大生ということで今後が期待大です。

2022年8月からサービスを開始し、バーチャルオフィスやオンラインイベントなど様々な用途で使用されていまいす。

パナソニック、TOTO、BUFFALO、CASIO、など、名だたる大企業が「MetaLife(メタライフ)」を導入しています。

25人までであれば、無料で使えるのでサクッとミーティングする際にはハードルも低くて便利なサービスとなっています。

オンラインサロンやビジネスの現場で使われています。


Cryptovoxels(クリプトボクセル)

クリプトボクセルズは、イーサリアムのブロックチェーンを活用した仮想空間です。

この仮想空間内にある、

  • 土地
  • 建物
  • 絵画

などは、NFTで管理されていますので、自由に売買することができます。

また、他のユーザーとコミュニケーションを取ることも可能ですので、非常に利便性が高いメタバースと言えるでしょう。
なんだか踊っている方達が居たので、私も踊ってきました!

Somnium Space(ソムニウムスペースVR)

ソムニウムスペースVRというのは、その名の通りVRで楽しめる仮想空間です。

この仮想空間でも、当然土地を購入することができ、購入した土地を使って、

  • 美術館
  • 学校
  • 映画館

など、様々なものを作れるようになるのです。

例えば、美術館や映画館を作って入場料を取ったり、専門分野に特化した学校を作って授業料を取ったりと、マネタイズのバリエーションが豊富です。

GLEWME CITY(グリューミーシティ)

グリューミーシティというのは、GLEWME CORP.によって開発された仮想空間です。

公開自体はまだ行われておらず、2022年の秋ごろに誕生するという話です。

グリューミーシティは、忠実度が非常に高い仮想空間となっていて、使用されるアバターは酷使すると修理や治癒が必要になります。

また、仮想空間内で土地を購入することもでき、ゲーム内でビジネスを行いたいと考えている方にも最適です。

Twitterにこの動画が出ていますが、これを体験できるなら本当に凄い世界だなと思います。


ARCONA(アルコナARメタバース)

現実世界と仮想空間を、ブロックチェーンを使って融合させるアルコナARメタバース。

この仮想空間では、土地をオークションによって購入したり、レンタルしたりすることができます。

現実世界と結びついているため、

  • 東京
  • バルセロナ
  • ニューヨーク

など、様々な土地を購入することができ、現在においても35,000区画ほど取引されているようです。

MegaCryptoPolis(メガクリプトポリス)

メガクリプトポリスというのは、シムシティのような街づくり趣味レーションゲームです。

購入した土地に建物を建設することで、影響力がアップし、その影響力に応じたイーサリアムの分配を受けられるようになるのです。

私も散歩に行ってみました。

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。



その他のメタバース プラットフォームのご紹介

メタバースおすすめプラットフォームをご紹介します。

ブロックチェーン技術を使わない3DCG空間を遊んだり、ゲームしたりする事ができるメタバースプラットフォームがあります。

長くなってしまったので、下のリンクからメタバースプラットフォーム 記事がありますので、ご覧ください。

いろいろなメタバースで遊んでみたい方は下の記事を参考にしてください。

↓メタバース プラットフォームについて詳しくはこちら

メタバースやり方


参考図書 : 世界2.0 メタバースの歩き方と創り方

created by Rinker
¥1,336 (2022/12/01 15:13:14時点 Amazon調べ-詳細)

著者佐藤 航陽さんのツイートで衛星のデータからバーチャルな東京を作るという動画を見て「え、本物じゃないの?」と思わず声が出たほどのリアルな映像。

こんなものを作れる方が考える「メタバース」はすごいに違いない!!そう思いながらページをめくっていきました。 

メタバースという新しい動きを捉える事、未来予想することはできるが、来る未来に備えたフットワークや自信の環境整備を行っておかないと、掴めるものも掴めない、失敗してしまう。

そんな教訓的なことも含めて、読む価値のある書籍です。



↓メタバースをもっと知る事ができる参考図書はこちら


メタバースを楽しみたい方は先に口座開設を済ませておきましょう

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨の取引はリスクを伴うものです。余剰資金でご利用ください。


メタバース やり方 簡単ステップ

メタバースのやり方 簡単ステップ

  • 仮想通貨取引所で「仮想通貨」を購入する
  • メタマスクに「仮想通貨」を送金する
  • 好きなゲームにメタマスクをつなげる
  • ゲームで遊ぶ

わりと簡単に始めることができます。

仮想通貨がうまいこと稼げるようになってきたら、
メタマスクから取引所へ送金し日本円に交換していくながれになります。

メタバース 始め方 : まとめ

メタバース 始め方 、一通りの流れはこのようになっております。

数年前にYouTubeのトレンドが来たように、clubhouseのトレンドが来たように、今後数年間はメタバース、NFTなどのブロックチェーンの技術を使ったプラットフォームがトレンドになります。

メタバースを体験してみる事もそうですが、新しいメタバースが誕生することでメタバース内の通貨の取引で利益を出すチャンスかもしれません!

ほとんどの方は情報を仕入れただけで行動に移せていないと思います。
これを読んでる方もそうかもしれません。

しかしどうでしょうか、「発信している側」の人たちは迷わずに次の行動に取り掛かっています。
正解かどうかはわかりませんが、まずは行動してみて失敗なら即撤退すれば良い事なんです。
まずは「やってみましょう!

メタバースの始め方



↓話題のムーブトゥアーンについて詳しい情報は下記をクリックしてください。



↓ゲームで稼ぐ「プレイトゥアーン」の詳しい情報は下記をクリックしてください

bitFlyer

当サイトのリンク先には『アフィリエイト広告』があります。『PR』表記はしておりませんが、ご承知頂ければ幸いです、私の活動の糧とさせていただいてます。どうぞよろしくお願いいたします。