仮想通貨【GXE】の買い方・取引所など徹底解説 PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)トークン

困った人

仮想通貨の【GXE】について知りたいです!
どんなトークンなんでしょうか?

この記事でわかる事

  • 仮想通貨【GXE】について
  • 仮想通貨【GXE】買い方について
MARU7

今回は仮想通貨【GXE】についてご紹介します。Play to Earnゲーム PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のガバナンストークンとして上場している仮想通貨です。最後までご覧くださいね!

仮想通貨の【GXE】NFTゲーム・Play to Earnゲーム PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)が発行するガバナンストークンで、日本を代表する人気YouTuberのヒカルさんも保有することで知られています。

ブロックチェーンはBSC(バイナンススマートチェーン)となっていることを知っておきましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は、クルーズ株式会社が手がけているプロジェクトです。

この記事を書いているのは
MARU7

■仮想通貨歴2017年からスタート
■NFTコレクター兼アーティスト
■脱サラ後副業ブログで月60万ほど収益を出していて最近は投資にも興味を持っています。
■元IT系 会社勤務 脱サラしフリーランス


仮想通貨を購入する場合は、国内仮想通貨取引所での口座解説が必要となります。

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。
ビットフライヤー(bitFlyer) やり方を解説!口座開設手順

仮想通貨【GXE】の概要

それでは、仮想通貨の【GXE】NFTゲーム・Play to Earnゲーム PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)が発行するガバナンストークンです。

ゲームのリリースよりも先に、トークン(仮想通貨)が上場(販売されている)形になっています。

【GXE】は総発行部数が60億枚に到達しており、2022年10月3日には海外取引所MEXCに上場を果たしました。

【GXE】を発行するPROJECT XENOは、端的にいえばNFTを活用する対戦型のゲームで、遊ぶことによって仮想通貨が稼げるチャンスを秘めています。

PROJECT XENOのガバナンストークンに位置づけられる【GXE】は、アプリ内にあるマーケットプレイスで使うことができます。

現在は成長途上にありますが、注目度の高さから今後に繋がる可能性が高く、保有を検討する価値は十分にあると思われます。

新しいタイプの仮想通貨なので、流通は限られていますし取引できる場所も限定的ですが、入手そのものは可能で保有のチャンスもあります。

上場から約2ヶ月と、今まさに勢いづいていて注目、知名度が上がっている銘柄ですから、詳しく知っておいて損はないでしょう。

ゲームと関連する銘柄というのが面白いですし、これからどのように活用されたり価値が上がっていくか目を離すことができないのは確かです。


NFTゲーム・Play to Earnゲーム PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の詳しい詳細はこちらの記事を参考にしてください



仮想通貨【GXE】の特徴

仮想通貨【GXE】の買い方・取引所など徹底解説

【GXE】のPROJECT XENOはBSC(バイナンススマートチェーン)で開発されており、【GXE】とゲームで獲得できるユーティリティトークンの2つを採用しているのが特徴です。

【GXE】はPROJECT XENOが発行する性質上、ゲーム内で活用される可能性が高い仮想通貨です。

仮想通貨【GXE】の買い方・取引所など徹底解説

現在はマーケットプレイスでNFTキャラクターを購入したり、育成するのに使われています。

【GXE】はPROJECT XENOと共にありますから、共存の関係だといえますし、ユーザーが増えてゲームが成長すれば【GXE】市場も大きくなることを意味します。

逆にいえば、ゲームの方の魅力を知らない人には通貨の価値も伝わりにくい仮想通貨ですが、ゲームの魅力が感じられる人には、仮想通貨を詳しく知らなくても魅力が伝えられます。

そのような特徴を併せ持つ仮想通貨なので、決済に用いられている従来の通貨とは少し性質が違うといえるでしょう。

とはいえ、購入や売却という形で流通しているのは確かですし、通貨の性質が備わっているのは間違いないです。

既に60億枚もの発行が行われているわけですから、存在感や規模は十分に大きく、今後国内でも広く取り扱われるようになれば、流通も活性化してより存在感が増していくことになります。

仮想通貨【GXE】購入できる取引所

仮想通貨【GXE】は、現在のところ国内の取引所での取り扱いはないので、必然的に海外の取引所を利用することになります。

【GXE】が購入できる海外の取引所はMEXCで、日本語に対応する世界的に見てもトップクラスの規模を誇りますから、安心して利用を検討することができるでしょう。

【GXE】を購入するにはまず、国内の取引所bitFlyerでXRPを購入してから、MEXCに送金する形となります。

送金したXRPをMEXCで売り、【GXE】を購入する手順で入手できます。
後はNFTオークションに参加するならメタマスクに送金することで完了です。
確かに購入に至るまでの手順が複数あって、煩雑なのは否めませんが、手順を踏めば問題なく買うことができます。

MEXCは入金手数料が基本無料で、日本円の入金にはクレジットカードと銀行振込、GXEの購入にはトレードで対応しています。

ちなみに【GXE】の最低出金単位は100、出金手数料は7GXEです。
利用には登録手続きが必要ですが、本人確認を含めても間違いや滞りがなければ、30分も掛からずに完了するでしょう。

直接的に仮想通貨が購入できるようになるのが望ましいですが、今のところは【GXE】が購入できる主要な取引所なので、購入を検討するならこの手順を参考にすることをおすすめします。

仮想通貨【GXE】よくある質問

仮想通貨GXEはどこで買うことができますか?

GXEは上場している取引所のMEXCで購入可能で、送金して購入する形となります。
XRPを購入して送金という形を取ることになるので、直接的な購入はできないですが、手順は難しくなく一度覚えれば簡単です。

GXEのPROJECT XENOとは?

PROJECT XENOはNFTを用いる対戦型のゲームで、GXEはゲームのキャラクターの購入や育成に使用します。
今後は他の活用に発展する可能性がありますから、活用法が増えれば価値も高まることに期待できます。
将来性に期待できるのがトークンの良いところで、飛躍的に伸びる可能性があるのもポイントです。

国内でGXEを扱っている取引所はありますか?

現在のところGXEを扱う国内取引所は確認されていないです。
ガバナンストークンの位置づけですから、今後国内にGXEが購入できる取引所が現れるかどうかは未知数です。

GXEはズバリ買いですか?

GXEはPROJECT XENOと連動しているので、PROJECT XENOに将来性を見出したら買いと判断できます。
また保有についても短期的に購入して売るよりも、長い目で価値が上がることに期待して保有するのが良さそうです。

仮想通貨【GXE】将来性について : まとめ

仮想通貨【GXE】の買い方・取引所など徹底解説

GXEのPROJECT XENOは、大型プロジェクトが続々進行している、ブロックチェーンゲームプラットフォームのパンケーキゲームズと提携中です。

これはGXEにも発展性があることを意味しますし、ゲームの方が注目を集めてユーザーが増えれば、GXEの取引や流通も活発化することになります。

GXEの将来性はPROJECT XENO次第ともいえますが、リスクはあるものの将来性は間違いなくあるでしょう。

既にYouTuberのヒカルさんがアンバサダーを務めていること、ボクシング界を代表するメイウェザーさんもコラボの名前に挙がっていることから注目度は大です。

仮想通貨【GXE】の買い方・取引所など徹底解説

ヒカルNFTは彼とコラボしたNFTです。

GXEはMEXCに上場しているわけですが、MEXCは規模が大きくて知名度も高く利用者も多いです。

そこで注目を集めていますから、将来性が乏しいというのは無理があるでしょう。
勿論、仮想通貨の購入や保有は自己責任ですし、価格が上がるという保証は誰にもできないので、そのリスクは織り込んで判断するべきです。

しかし客観的かつ多角的に分析してみれば、GXEは価格が落ち着いてそこから何らかの切っ掛けで上昇に転じたり、大幅に伸びることがイメージできます。

価格的にも買いやすいですし、少量でも購入して保有しておけば、将来的に価格が上がった時に嬉しい結果になり得るでしょう。

仮想通貨はビットコイン取引No1の【 bitFlyer 】がおすすめです。


↓口座開設のやり方が不安な方はこちらの記事を参考にしてください。
ビットフライヤー(bitFlyer) やり方を解説!口座開設手順

bitFlyer

当サイトのリンク先には『アフィリエイト広告』があります。『PR』表記はしておりませんが、ご承知頂ければ幸いです、私の活動の糧とさせていただいてます。どうぞよろしくお願いいたします。