【必見】OpenSeaでNFTアート販売方法解説【簡単初心者向け】

OpenSeaの始め方


困ってる人

「NFTアートを販売したいと思っています。販売方法がいまいち分からないで教えてください。」

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

この記事の内容

  • OpenSeaの使い方
  • OpenSeaでのNFTアートの出品手順
  • NFTアートの価格の設定とガス代について

この記事を書いているのは暗号資産歴4年でNFTアーティストの(@maru7_nft)です。
ちなみにNFTはこちらになります » https://opensea.io/collection/furoshiki

■OpenSeaのアカウント取得がまだの方はこちら【OpenSeaの使い方】超初心者向けにアカウント登録など導入について解説ます【簡単】の手順からお進みください。

OpenSeaの始め方


■イーサリアムETHをお持ちで無い方は【無料簡単】コインチェックで口座を開設する方法 使い方【初心者向け】こちらの手順からお進みください

【無料簡単】コインチェックで口座を開設する方法 【初心者向け】1


それでは本題に入っていきます!

OpenSea(オープンシー)のページへ

opensae使い方

とりあえず、TOPに行ってみましょう。
OpenSea」←こちらのリンクをクリックしたください。

opensae使い方

メタマスクを使ってログインしていきます。

上部のキツネマークの隣にある「イーサリアムメインネット」になっている事をご確認ください。

パスワードを入力し「ロック解除」ボタンをクリックしてください。

OpenSea(オープンシー)にコレクションを作ります

メタマスクで接続ができたら、次はご自分のアイコンに触れるとメニューが表示されます。
「My Collections」ボタンをクリックしてください。

メタマスクから署名を求められますので「署名」ボタンをクリックしてください。

コレクション情報を入力します

コレクションとは特設ページを作るイメージになります。
情報を入力していきましょう。

アイコン、カバー画像などを設定しましょう。

  • Logo image:アイコンロゴ 350px×350px
  • Featured image:サムネイル画像 600px×400px
  • Banner image:コレクションページのカバー画像 1400px×400px

自分の作品をより知ってもらうためにしっかりと画像サイズを作り込み表示させましょう。

続いて、コレクションの名前を入力していきましょう。

  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの紹介文

名前とURLはなるべく同じにすると分かりやすいと思います。
URLは短い方がわかりやすいです。またURLは取れた人のものですのでレアなURLを作るのもありですね。

カテゴリーとSNSリンクを設定する

カテゴリーを選びます。
芸術作品の場合は「Art」、同じ様な画像を出品する場合は「Collectibles」等を選んでみてください。

リンクはSNSがある場合に入力ください。

ロイヤリティーを設定しよう

Royalties(ロイヤリティー)

自分の作品が転売された時にその料金の一部がロイヤリティーとして受け取れます。
「Percentage fee」には売上の何%をロイヤリティーにするか決められます。

※これを設定しないと転売された時にロイヤリティーが受けられないので設定しましょう。
※ロイヤリティーは最大10%となります。

Your payout wallet address(ウォレットアドレス)

ロイヤリティーを設定するとウォレットアドレスの設定も必要になります。

メタマスクを開き、ウォレットアドレスをコピーします。また「イーサリアムメインネット」を選択していることも確認しましょう。

「Your payout wallet address」に貼り付けましょう。

ブロックチェーンを選択します

イーサリアムブロックチェーンを使って販売する場合はこの様に設定してください。

「ポリゴン」を使って販売する方は「Blockchain」で「Polygon」を選択し「Payment tokens」は「ETH」を選んでください。

作品の展示方法を設定

展示方法を設定します。

「Explicit & sensitive content」こちらは作品に過激な表現が入っている場合はオンにしてください。

入力が終わり「Create」ボタンがクリックできる状態になったらクリックしてください。
ちなみに設定後も修正ができます。

メタマスクからの署名を求められますので「署名」ボタンをクリックしてください。

これでコレクションの完成です。

お次は作品をアップしていきます!

作品をOpenSea(オープンシー)にアップロードする

opensae使い方

OpenSea上部の「Create」ボタンをクリックします。

作品のアップロード

  • Image:作品をアップロード
  • Name:作品の名前
  • External Link:関連するサイトのURLなど
  • Description:説明

各種項目を埋めていきます。

対応ファイルは
JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3, WAV, OGG, GLB, GLTF.
最大: 100 MB まで

作品の説明などは、日本語意外にも英語で記載して駅ましょう。
現在は圧倒的に海外の方が使用しているサイトですので海の向こうを意識して作品を登録していきましょう。

コレクションを設定

Collection

先ほど作ったコレクションを設定すると一つにまとまって表示されます。

  • Properties:グループ分け
  • Levels:ステータス設定
  • Stats:統計情報が設定
  • Unlockable Content:ロック解除を可能にするかどうか
  • Explicit &Sensitive Content:刺激的な作品かどうか

各種設定がありますが、画像だけの出品であればスキップして構わないと思います。

Supply

  • Supply:限定販売枚数
  • 例えば10にすると限定10個販売となります。

    Blockchain

    opensae使い方
    • Blockchain:ブロックチェーンを選択
    • Freeze metadata:データ凍結の詳細

    イーサリアムを使う方は「ETH」を、ポリゴンを使う方は「Polgon」を選択してください。

    こんな感じで私のNFTも登録できました。

    次は価格を決めていきます。

    作品に価値(値段)をつけよう

    画面が切り替わったら「Sell」ボタンをクリックします。

    画面が切り替わらない場合は、制作したコレクションからアイテムのページを開いてください。

    価格を設定します

    Typeは「Fiexed Price」を選択します。
    オークションで販売したい場合は「Timed Auction」を選んでください。

    販売日を設定ができます。

    「Complete listing」ボタンをクリックします。
    メタマスクの署名が出ましたら「署名」をしてください。

    初回はガス代が必要です。

    初回の登録だけガス代と呼ばれる手数料が発生します。
    絶対に必要なお金なのでお支払いしましょう。

    私の場合は2021年9月に0.018604221056ETH/$59.86USDのお金がかかりました。
    日本円でおよそ7,000円 でした。

    ガス代はどんどん値上がりしているそうなのでお早めにどうぞ

    お疲れ様でした。以上で出品は完了です。

    私のNFTです。
    参考までに見てくださいね。https://opensea.io/collection/furoshiki

    それでは!

    次の行動リスト

    最後までお疲れ様でした。

    情報だけではなく一歩前へ進めることが人生を豊かにする方法です。
    98%の方は実際には動きません、こちらを読んで新しい一歩を踏み出してみてください。

    などなど、色々な世界が待っていますよ。